Bijouサバで活動してるROを中心とした日記。


なんてこったいアニメを見る暇がなかった。
パソコンいじってたら12時間分のアニメ見れなかった。
困った困った。

マシンのことについてちょっとお話。

ぼくの自作1号機は過去に書いたとおりですけど
ちょっとパフォーマンスをかえてみた。

ぼくのマザボがAOPENでCPUがPentium4 631 3.0GHzで
メモリがノーブランドの512MB*2なんですが
Pen4の631のCPUクーラーは付属のファンを使ってるんですけど
以前から騒音がひどいっていいました。
これを解消する方法を今日は書こうと思います。

準備としてまずCPUの状態を知れるツールを取ってこよう。
AOPENだったらPowermasterが最初からついてるからぼくはそれつかってます。
まずどれくらいうるさいのか知ることですね。
0603

ちなみに今のぼくの場合。
Sは周波数(設定前は3000MHz後々説明。
LはCPUの負荷(設定前はほぼ0)。
Fはファンの回転数(設定前は4600rpm)。
Vは電圧。
TはCPUの温度(Fが4600rpmのとき常時40度弱)。
パソコンのケースの防音性にもよりますけど
2000rpmは比較的気にならない騒音です(騒音には違いありませんが)。
4600rpmだとものっそい揺れます。

CPUクーラーの騒音を下げる方法を簡単に挙げると以下。

1・静かなCPUクーラーを使う(これじゃ今回の意味がない)。
2・BIOSでファンの回転数を設定する。
3・CPUに負荷をかけない。
4・部屋を寒くする。
ざっとこんなもんですか。
1は今回は無し。
4はうちエアコンとかないし。
3はCPUに負荷をかけないとかまじ無理な話。
3Dゲームしまくりパソコン長時間つけるぼくとしては無理難題。

ということで2、BIOSで制御しよう。
それほど難しくはないです。

Fan SpeedがFULL(初期値)の人とかSMART CONTROLの人はFIXEDにしましょう。
そして気にならない程度のrpmに設定しましょう。
ぼくの場合は2400rpm前後に設定してます。
CPUが低負荷のとき(ログオン直後)は1900rpmくらいになります。

まずはそれで負荷をかけてみましょう。
するとCPUの温度があがるのは当然なんですけど
どれくらい冷却力があるか確認してください。
ぼくは60度以下55度以上なら許容範囲にしてます。
これを上回る場合はCPUの周波数を下げましょう(クロックダウン)。
ぼくのPen4 631は20%減の2,4GHzにしました。
これで負荷も熱もちょうどいい感じです。
ついでにメモリも以前はぜんぜんつかってなかったんですけど
この設定にしてから70%くらい使うようになりました。よかったよかった。
とまぁこんな感じです。
多少以前より不便というか処理能力がちょっと下がった気がしますが
騒音が和らいでよかったです。

ちなみに、Pen4 631はオーバークロックに強いCPUらしいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/06/07(木) 03:44:15 |