Bijouサバで活動してるROを中心とした日記。


今日は変なシチュエーションで道を聞かれたのです
電車に乗るやん。人が多いときってドア付近は一度降りるやん。
降りたときに背中をツンツンされたんですよ。
振り返ってみたら路線図を指さしてるんですよ。
あーこれは行きたい駅を指さしてるんだなーと思ったわけですよ。
なのでぼくも電車を指さしたんですよ。
そしたら一緒に乗って目的の駅までいって降りてくれました。

今回、不思議な感情が芽生えました。
というのも、乗ってた電車がいわゆる快速電車で、悠長に道を聞いていたらもしかしたら電車が出発してしまうかもしれなかったんですよ。でも、この電車で目的の駅までいけますか?と解釈したので急いで乗るようなそぶりをしたらわかってくれたみたいだったのでよかったです。
でも、急がないと電車いってしまうし、だからといってゆっくりしてたら相手にも悪いし、とかなんとか思ってたらあわててしまわないように冷静にならなきゃという思いと早くしなきゃという思いとがぶつかってよくわからなかったです。

大変でした。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック