Bijouサバで活動してるROを中心とした日記。


昨日の続き
続き。

朝6時に起きて準備してスタート地点へ。装備はいつものに加えて長袖を上下に着用。

ぼくはJスタートだったのですがトイレの列と間違えてならんでしまい、最後尾すたーとになってしまった。ここで今回は失敗したなー。
もうね、まわりのペースが自分のペースとぜんぜん違うのでいつもと同じ時間走っても距離がぜんぜん短い。そんなこんなしてたら20キロ地点ですごく足が痛いんですよ。肉離れかつったか、このときの関門までの時間は25分くらい貯金がありました。5:30のペースランナーが見えなくり、足が痛い。以前ストレッチが良いというのを思い出したので伸ばしたり曲げたりしてなんとか。

歩いたり走ったりを繰り返して13:32の関門が一番つらかった。6:00のペースランナーにもおいていかれ、もうだめかとおもった。あと1分で足切りですよーと聞こえて残り500メートル。でもぼくは走る前に、自分の意思では進むのをやめないと決めていました。それでもあと500メートル、どうせこのペースだと完走はできないかもしれない、けど足切りになるなら次でもいいじゃんと思って残り20秒、無事に通過。

作戦を考えていました。なぜそもそもこんなことになっているのか。いつものペースならもっと進んでいるのに。どうすれば足切りにならずにゴールできるか。

まず、走り続けるためにはどうすれば良いか。上り坂と人が密集してるところは歩く。恥を忍んで歩く。子供が走れよ!って応援してきても歩く。そして、平らな道と人の少ない道で一気に走る。そのためにはあえて最後尾にいる。足切りの輸送車のプレッシャーがきついけど。

そしたら次の関門は1分、2分の余裕がうまれました。これなら行けるかもと思ってきました。

そして41キロを通過。もう満足。完走できなくても満足。でもここまできたんですからゴールしましょうよ。

最後の力で、一気に駆け抜けて制限時間3分前にフィニッシュ。

最後のゴール直前で立ち止まってカメラとりだしたランナーにいらっときたけど。ど真ん中でとまるな。こっちははやくゴールしたいの。


ということで無事におわりました!
足が痛い!

給水、給食はばっちり八ッ橋もおいしくいただきました。


おつかれさまでしたー!
京都よかった。またきたい。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック